日常のあれこれを、ゆるく、ふわっと書き綴る

【FF14】地図のロットルールはどっちがいい?主催するときの注意点も要チェック!【主NEED or フリロ】

地図のロットルールFF14
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、こんばんは、けいです。

今回はFF14のお話。
一応メインでやってるゲームのはずなのに、思った以上に記事が少なかったんですよね。
いや、まあそんな理由だけで記事を書くわけではないのですが……。

それはさておき。
今さらながらというかなんというか、「え、このタイミングでそんな話すんの?」って感じなんですけど、地図のお話です。
最近素材が欲しかったりおギルが欲しかったりで、地図に割とよく行くんですよね。
そんなわけで、完全に自分の都合でのテーマ選びです。

ずばり、「地図は主NEEDとフリロのどっちがいいの?」問題。
今日はこれと、合わせて主催するときの注意点的なことを書いていこうと思います。
これもちょっと気になることに最近遭遇したので……。

では、いきます。

これはあくまでも一個人の意見なので、これが絶対に正しい!とかではありません。
こう考えている人もいるんだーくらいの感じで受け取ってもらえれば。

コンテンツにつきもののロット問題

FF14ではいろいろと揉め事が起こっているわけですが、その中でもロット問題は割とよく耳にします。

ロットとは?
FF14では、何らかのコンテンツで装備品や素材がドロップした場合、欲しい人がダイスの数字で競うロットというシステムがあります。
これにはNEED、GREED、PASSの3つの選択肢があって、どれかを選ぶことで自分のドロップ品に対するスタンスを明らかにすると同時に数字が決まるわけです。
素材やミニオンなどアイテムであれば自由にロットできますが、装備品の場合は自分のジョブに関するものしかNEEDできません。

NEED:一番優先権が高いロット。めっちゃほしい!
GREED:NEEDより優先権は低い。ほしいっちゃほしい
PASS:権利の放棄。あ、いらないです^^

NEEDとGREEDが重なった場合、いくらGREEDの数値が高くてもNEEDが優先されます。
極論、NEED1、GREED99でもNEEDが勝ちます。

零式ではロット詐欺とかいろいろ横行してて、問題になることは多いですよね。
地図で出る素材はNEEDできるものばかりなので、事前にルール決めとかないとえらいこっちゃになるわけです。
特に新しい地図やアイテムが実装された直後は新アイテムが高騰するため、きちんとルールを決めておかないと揉めに揉めます。

主NEEDとフリロの違い

地図を主催する、または募集に乗っかるとき、注意しないといけないのは上述したロットのルールです。
ロットルールはシステム側で設定できるものではなく、プレイヤーたちが独自に生み出したもの。
だからこそ、しっかりと確認して募集・参加しないといけないわけです。

地図のロットルールには、主NEEDフリロの2種類があります。
コンテンツ全体で考えるとグリパっていうロットルールもあるんですけど、地図では見かけませんね。
まあめんどくさいですし……。

そんなわけで、以下に主NEEDとフリロの違いについて、メリットやデメリットも交えながらご紹介します。
あ、地図はそれぞれ1枚持ち寄りの場合を想定しています。

主NEED

主NEEDは、地図の主だけがNEEDを選択でき、他の人はGREEDかPASSしか選べないというもの。
主NEEDの一番のメリットは、地図主が確実にドロップ品をゲットできるということ。
特に新しい地図やアイテムが追加された直後は、地図主が確実にゲットできる主NEEDはメリットが大きいかなと思います。
主以外のメンバーに旨味が少ないと思うかもしれませんが、持ち寄りなら自分が地図主になる番が一度はくるので、プラマイゼロって感じですかね。

デメリットは、自分の運にめちゃくちゃ左右されるってことでしょうか。
地図ってそもそも転送魔紋が開くかどうかが最初の関門なわけですけど、自分が主の番で開かなかった場合は以降ずっとロットの機会はほぼありません。
主がPASSすればチャンスはありますが、そんな機会はほとんどないでしょうね。
仮に開いたとしても、1階層目で終わってしまったり、全然アイテムがドロップしなかったりすると、めちゃくちゃしょぼい結果になります。

フリロ

フリロは文字通り、誰でも自由にロットできるというものです。
このルールの場合、メリット・デメリットという表現は合ってないかなーと思います。
なにせ、良くも悪くも全員が平等なロットルールですからね。
ロット運次第なので、運が良ければ総取りできますし、運が悪ければひとつも取れません
いたってシンプルです。
それ故に、ロットに負け続けてふてくされることはあれど、ルールに関するトラブルが発生することはほぼないでしょうね。

主NEEDとフリロはどっちを選ぶべき?

主NEEDとフリロの違いがわかったところで本題です。
地図を主催する、もしくは募集に乗っかるとき、主NEEDとフリロのどちらを選べばいいのかということ。
ここでは、主催する場合をメインに考えたいと思います。
募集に乗っかるときも基本的な考え方は同じですね。

新地図実装時は主NEEDがおすすめ

地図は、メジャーパッチ(拡張パック)が更新されるタイミングで新しいものが追加されます。
メジャーパッチではレベルキャップが解放されるので、それに合わせて上位の地図が追加されるわけですね。
メジャーパッチが更新されるとアイテムがどっと増え、新しいオシャレ装備や家具なども増えます。
そうしたアイテムの素材に地図素材が使われることも多いため、パッチ後は地図が活発になります。

このタイミングに限っては、主NEEDのほうが揉め事が起こりにくいと思います。
フリロでも別にいいんですけど、自分の地図で出た新素材を他人に持っていかれるとめっちゃモヤモヤしません?
ロット詐欺には注意が必要ですけど、精神的にも主NEEDのほうが楽かなあと思います。
自分の地図がしょぼくても自分の責任ですからねw

マイナーパッチでは既存の地図に新アイテムが追加されることもあって、こっちも主NEEDで行くこともあります。
ただ、新地図のときに比べると主NEED率は低くて、まあやってもいいんじゃないかな?くらいの感じですかね。

基本はフリロでOK

じゃあフリロはいつがいいのってことですが、新地図実装時以外はほぼフリロで問題ないと思います。
たまに深層地図だけ主NEEDっていう変則的なルールになってることもありますが、募集の大半はフリロです。
地図のドロップでピリピリするのって、ほんとに新地図導入直後くらいなんですよねー。
あとはもう主催する人の好みだと思います。

募集に乗っかる場合、主NEEDは結構きびしいと思います。
主NEEDの募集ってほとんどないと思うので、主NEEDで地図行きたい場合には自分で主催するほうがいいでしょう。

大事なのは、「どっちのルールでやるのか」を明確にすること

極論を言えば、メンバーが納得するのならどっちでもいいんですよね。
みんながそれでいいというなら、新地図実装直後にフリロで仁義なき戦いをしても問題ないわけです。
問題なのは、「どっちのルールでやっているのか」が明確になっていないこと。
ここの認識が合ってないと、変ないざこざが発生する可能性があります。
自分が主催するときには、

  • PTに誰か入ってきたとき
  • 全員揃って出発するとき
  • 最初のロットが発生したとき

くらいのタイミングで、ロットルールについて何度か周知しておくといいでしょう。
フリロの場合はあまり周知しなくても問題はないですが、主NEEDの場合は争いに発展する危険性があるので意識しておきましょう。
ただし、あまり何度も周知してもしつこいと思われるので、その点は注意が必要です。

地図を主催する場合に注意すべきことは何?

これまでは主に地図のロットに関することを書いてきましたが、ここからは実際に地図を主催するときのポイントみたいなものをご紹介したいと思います。
最近参加した地図パであまりにも進行がひどいものがあったので、注意点として残しておきたいなと。
誰がここを見るかはわかりませんが、参考程度になればいいなと思います。

身内ノリを持ち込まない

はい、初っ端から地図にあんまり関係ない話ですが、これ地図を主催する際には結構大事です。

地図って身内で行くことも多いんですけど、ちょっと足りないときに野良で追加募集することも同じくらい多いと思います。
フレだけじゃ足りないからLSにも声をかける、みたいなパターンも多いでしょう。
そんなときに主催メンバーに身内が多いからといって、身内ノリでわちゃわちゃしてるのははっきりいって野良メンバーからすると迷惑です。

喋りながらもテキパキ進められるならいいんですけど、くっちゃべって全然進行してくれないことがあります。
効率厨が云々とかいう意見もあるかもしれませんが、野良で募集している以上は避けられない問題です。
ダラダラやりたいなら身内だけで行きましょう。

進行の管理はしっかりする

フルパで地図を持ち寄った場合、8枚の地図が集まります。
これをスムーズに消化するためには、地図の座標をまとめて次は誰の地図を消化するのかを明確にしなければいけません。

そう聞くとなんだかめんどくさくて難しそうな印象を持つかもしれませんが、実際はそれほど難しいものでもありません。
みんなの地図の場所をメモして、同じマップの地図は連続で消化する。
これだけでも進行としてはOK。
一番やってはいけないのは、適当に近いところから~と丸投げしたり、必要以上に悩んだりと、すばやく次の場所を提示しないことです。

消化する順番もしっかり考えたい人は、

  • ギラバニア地域とオサード地域でまとめる(どっちかを先に全部消化してから次の地域へ)
  • エーテライトに近い場所から消化していく

という2点は押さえておくといいでしょう。
あとは「FF14 地図」「地図 G10」とかで検索してみるといろいろ便利な情報が拾えるので、そういうのも参考にしてみましょう。

まとめ

こんなに書くつもりなかったんですけど、結構書いちゃいましたね。
最後の見出しとか半分以上愚痴みたいになってましたし……。

地図の主催自体は、ロットルールを明確にして次の行き先をしっかり示すことができるなら、そう難しい話ではありません。
慣れないうちは身内やLSの地図パに参加したり、野良の募集に乗っかったりして、進行の仕方を見てみるのもいいでしょう。
初めて主催するときも、初めてですって言っておけばそれなりに温かい目で見てもらえるはずです。
とはいえ、あまりにもぐだぐだの進行はちょっとどうなの?という気がしないでもないので、ポイントは押さえておくのがおすすめです。

以上、地図のロットルールと主催の進行についての記事でしたー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました